唯一の抗シワ認証のオールインワン「シズカゲル」は何が凄い!?

抗シワ認証のオールインワンゲル

最近はCMなどでもおなじみでシワを改善する唯一の化粧品として、アンチエイジング世代の羨望の眼差しを受けているのがPOLAの薬用化粧品『リンクルショット メディカル セラム』です。

これまで、決められた一定の結果が得られた化粧品に対して「乾燥による小ジワを目立たなくする」という効能表現が認められていましたが、『リンクルショット メディカル セラム』の誕生により「シワを改善する」薬用化粧品が創出されました。

シワに悩む女性たちに向けて、薬用化粧品の新たな第一歩を切り拓くことができました。

ただ、悩ましいことに価格もそれなりのもの(20g ¥15,000<税込¥16,200>)となっており、正直シワに悩んでいてもそこまでの価格に手が伸びない女性も少なくないでしょう。

そんな高級化粧品とは裏腹に、時短ケアが可能なオールインワン化粧品も昨今は勢いがあり、多くの女性がスキンケアをチェンジしています。

オールインワン化粧品で面倒くさいスキンケアの手順をスッと飛ばして、気になるシワなどには『リンクルショット メディカル セラム』などで、追加でケをいれていく…。
こうした方法も良いでしょうが、どうせならオールインワン化粧品で『リンクルショット メディカル セラム』と同じく抗シワ試験評価済のものでシワ対策もできれば、ベストではないでしょうか?

そんな奇跡のようなオールインワンゲルが美容大国アメリカ逆輸入のオールインワンゲル「シズカゲル」です。

シズカゲルはSNSなどでも美容感度の高い女性の間では話題沸騰中で、シミ、シワ、毛穴のトラブルを改善できる独自の「ヨクバリ美白」機能を兼ね備えたオールインワンゲルです。
肌を美白へと導く為にはシミやくすみの除去はもちろん、シワ対策にも力を入れたいですね。
シワのないハリのある肌で居られれば、美白は一歩先に進みます。

シズカゲルは、エイジングケアも出来るオールインワンゲルなので年齢問わず多くの方が使用出来ます。
さて、ここではシズカゲルの抗シワ対策の秘密を徹底調査してお伝えしていきます。

医薬部外品とは?

シズカゲルは、抗シワ対策が出来るオールインワンゲルである前に医薬部外品認定を受けていることも知っておきましょう。

「医薬部外品」とは、厚生労働省が認めた製品にだけに美白、抗シワ、肌荒れ対策の効果があると表示出来る製品の事をいいます。

シズカゲルは、この医薬部外品に認定されていますから、その確かな実力のもとで抗シワ対策が出来るようになっているのです。

医薬部外品認定を受けるまでには、厳しい製品チェック、商品の有効性の有無や管理体制などを調べられます。
このような項目を確実にクリアし、抗シワ対策があると認められたオールインワンゲルですから、効果に期待が持てますね。

医薬部外品だから効果があるとは言い切れない!

ふつうの化粧品と「薬用」と記載のある化粧品を比べたとき、気になるのはその効果の違いです。
「薬」という文字が入っているので効きそうなイメージがありますが、じつは、一概にそうとは言い切れません。

薬用化粧品と化粧品の大きな違いは、厚生労働省で定められた成分を決まった量を含んだ上で効果エビデンスが認められたかどうかです。
しかし医薬部外品は、過剰すぎず少なすぎない、一定の量を含有することで成分の有効性を謳っていることには代わりありません。

一番大切なことは、商品が「医薬部外品」なのか「化粧品」なのかではなく本人の肌に合っているのかどうかです。

「薬用」のラベルや他人の口コミの言葉だけに踊らされず、成分をしっかり自分の目で確認し、できればお肌で確かめて購入することが大切ですね。

そのためには、自分の肌の特性をよく知っておくことがより重要になります。
年齢を重ねるにつれてお肌の状態も変化するので、自分のお肌の状態は定期的に確認しておきましょう。

抗シワ対策の効能評価試験済であるシズカゲルの実力

シズカゲルには抗シワ対策の機能が付いていますが、抗シワ試験を突破して実際に効果があると判定されています。

この抗シワ試験とは、日本香粧(こうしょう)学会が定めているガイドラインの中で、その製品に効果があると認められたものにしかシワ予防の表示が認められていません。

シズカゲルは、抗シワ試験を何なく突破し、シワ対策が万全に出来る製品であることがハッキリと認められています。
安全性もあり、表示されている機能が確実に働くオールインワンゲルですので、このように人気が高いのです。

シズカゲルの抗シワ対策は相応の成分が決め手!

シズカゲルは、抗シワ試験を突破し、効能評価試験済の製品であることを先述しましたが、何故抗シワ対策が万全であるのかを、シズカゲルの成分からチェックしてみましょう。

ビタミンC誘導体が肌の乾燥を防ぎます

シズカゲルには、ビタミンC誘導体が配合されています。
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に浸透しやすく人工的に改良したものですが、もともとビタミンCは不安定な成分なのです。

ビタミンCを肌に取り込むことで、肌の乾燥を内側から防ぎ、キレイな肌を作っていくのですが、ビタミンC自体は肌に浸透させたくてもなかなか浸透出来ない性質を持っています。
ビタミンC誘導体に変化させると、肌の新陳代謝を活発にさせながら肌をなめらかに保つことが出来るのです。

シズカゲルに配合されているビタミンC誘導体が作用すると、肌を内側から落ち着かせて、小じわの原因である乾燥に負けない肌を作ることが出来ます。

アンチエイジング効果が高いフラバンジェノール

シズカゲルには、「フラバンジェノール」と呼ばれる成分が配合されています。
このフラバンジェノールは、ポリフェノールの一種で肌の表面を乾燥から守る効果が期待されています。

小じわが多い人は、そもそも肌が乾燥しやすい人です。
フラバンジェノールが肌の奥底へ浸透することで、保湿力がぐっと上がります。年齢と共に奪われる肌の水分を十分に蓄えることが出来るので、シワを抑えて、ハリのある肌へと導かれていきます。

フラバンジェノールで、小じわ対策と共にアンチエイジングが叶いますね。

抗酸化作用で、肌の老化防止に!

フラバンジェノールは、ポリフェノールの一種だと先述しましたが強力な抗酸化作用も期待されています。
ポリフェノールと言ってもその種類は豊富ですが、フラバンジェノールに含まれるポリフェノールは、抗酸化力に優れているオリゴメリック・プロアンチシアニジンが豊富です。

特に口元や目元の小じわにアプローチ出来るので、肌の老化防止をしながらふっくらとした肌をキープしていくことになります。
抗シワ対策が万全に出来るのは、フラバンジェノールの働きのおかげともいえますね。

抗シワ対策に保湿は欠かせません

肌の乾燥は最もシワを作り出すと言われています。
シズカゲルなら、年齢と共に乾燥しがちな肌を、有効成分によって内側から保湿出来るのです。

さらに、モイストキープエマルション処方と呼ばれる独自の処方でシズカゲルを作っていることで、肌の角質層の奥まで有効成分を届けることが出来ます。

肌のバリア機能に影響なく、保湿が出来るのはシズカゲルならではの機能です。

まとめ

シワ対策をするために有効成分をただ肌に塗りこむだけでは、対策としては不十分です。

シズカゲルのように保湿機能が内側から完成することで、抗シワ対策と共に美白を感じる肌へと導かれていきます。

また、医薬部外品=効果がめっちゃある!とは絶対に思わないこと。
そもそも本来『化粧品』とは日常的に使用しても問題が無いような安全な商品のことです。

医薬部外品に使用される有効成分の多くは化粧品のように日常的に使用してもかなり安全に使えるものもある一方で、その中間に位置するという性質上、医薬品的な『副作用』を及ぼしかねないものもあります。

効果が大きいだけに注意しなければならない側面もあるということです。

最終的には自分のお肌に合うかどうか、その相性のみが鍵を握ります。
冒頭で紹介した『リンクルショット メディカル セラム』でさえ、自分のお肌に合わないのであれば、使う意味もなくなるし、お肌にとって逆効果といわざるを得ませんからね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

毛穴ケアできるシズカゲル

毛穴ケアもオールインワンで実現「シズカゲル」が話題沸騰しまくり!

シズカゲルのヨクバリ美白の秘密を暴露

【満足度100%】シズカゲルのヨクバリ美白の秘密を実体験で徹底検証!

フラバンジェノールはこんなに凄い成分だ!

シズカゲルの抗酸化力の源「フラバンジェノール」を実体験で徹底調査!

シズカゲルの保湿力

時短ケアの保湿不足の常識をシズカゲルは覆す!乾燥・肌荒れも怖くない!