時短ケアの保湿不足の常識をシズカゲルは覆す!乾燥・肌荒れも怖くない!

シズカゲルの保湿力
睡眠不足やストレス、季節の変わり目に起きてしまう肌荒れ…。
また、知らぬ間にニキビや吹き出物がでていたり、カサつきや乾燥が目立つなどの肌トラブルは女性なら誰しもが経験済なのではないでしょうか。

スキンケアやエイジングケアの基本中の基本といえば、保湿によりお肌の乾燥を予防・改善していくことです。

ご存じのとおり、スキンケアといえば、その最も大切な基本は「保湿」です。
保湿が大切なのは、乾燥肌が多くの肌トラブルの原因になってしまうからです。

例えば、小じわ、毛穴、肌荒れなども乾燥が原因で起こるトラブルです。

また、乾燥肌がお肌の老化を進ませる原因にもなりますので、エイジングケアにおいても、乾燥肌対策はとても大切なことです。

一方で、時短やお手軽さが魅力で昨今オールインワン化粧品に徐々にシフトしていく女性が増えていますが、オールインワン化粧品に変えた途端の肌荒れや乾燥が気になる女性も少くないでしょう。

一本でスキンケアの何役分も補ってくれる便利なオールインワン化粧品の問題が保湿不足であることは、使わないと気付かないものです。

そんなオールインワン化粧品の保湿不足も解消し、美白効果も高いとSNSで話題のオールインワンゲルが「シズカゲル」です。

シズカゲルは、年齢肌のトラブルから日常的に起こる様々な肌問題を解決出来るオールインワンゲルです。

様々な有効成分が複合的に作用してシミ、ニキビ、毛穴、シワなどの肌の悩みを解消しながら、透明感のあるもっちりとした肌を作ります。

キャッチコピーでもある「ヨクバリ美白」がたった一本のオールインワン化粧品で叶うだけあって、シズカゲルの実力はNYからの逆輸入ながらもココ日本で凄まじい広がりを見せています。

ここではオールインワン化粧品の課題である保湿不足に対してシズカゲルがどういったアプローチで問題を解消しているのかをご紹介していきます。

10種類の天然由来成分が乾燥と肌荒れをシャットアウト

シズカゲルには、何と10種類もの天然由来成分が含まれています。
天然由来成分なので、肌に優しく毎日安心して取り込むことが出来ますね。

その10種類の有効成分がどのような働きをするのかをチェックしてみましょう。

シア脂の保湿力

シア脂は、天然由来の植物性油脂です。
乾燥肌の人はもちろん、保湿力をカバーしたい人に最適な油と言えるでしょう。

シア脂は、アフリカに生息するシアの木の種子から採れる植物性の油脂であり、肌の乾燥を守る為に使われています。
生まれたばかりの赤ちゃんにも使用出来ることもあって、その安全性は確かです。

オリーブ油で皮膚をしっかり保護

シズカゲルに配合されているオリブ油は、皮膚の保護をする作用を持っています。

オリブ油は特に乾燥肌になりやすい人に有効的であり、皮膚の表面をオリブ油で保護することで、外側からの肌の乾燥を防ぎます。

保湿効果を逃がさない効果により、一日中潤った肌が崩れません。

天然ビタミンEで肌を守る

ビタミンEは、肌の損傷を内側から守る働きがあります。
肌細胞を保護することで、しっとりと潤いをキープしながら、乾燥肌対策を万全にさせる成分です。

ビタミンEには、抗酸化作用もあるので、紫外線に負けない肌を作ることも可能です。肌をしっとりと保ちながら肌を保護する最強の成分です。

ユキノシタエキスで美白・シミに作用

ユキノシタエキスとは、ユキノシタの草から抽出されるエキスのことです。
紫外線による皮脂の酸化を防ぐ作用の他、老化の原因になる過酸化脂質の生成を抑制します。

主にアンチエイジング効果があることで知られているのですが、美白が実現すると共にしっとりとした肌を作ります。

保湿効果の高いビルベリー葉エキス

ビルベリー葉エキスとは、北欧の森に自生しているブルーベリーの一種、ビルベリーの葉から抽出されるエキスのことです。
ポリフェノールが濃縮されているので、美白効果や肌荒れを防ぐ効果もあります。

保湿作用や、美肌効果も美容界で注目されています。

マロニエエキスで乾燥肌をブロック

マロニエエキスは血行促進効果を持ちます。
マロニエエキスの中には、サポニンやフラボノイドが含まれていますが、血の巡りを良くさせる効果があるので、肌の活性化に繋がり美肌を作ります。

さらに、乾燥肌や敏感肌の人にもマロニエエキスは安心で、シワやたるみの解消にも有効的です。

美白成分カンゾウフラボノイドの実力

カンゾウフラボノイドとは、甘草の根から抽出されるエキスです。
カンゾウフラボノイドはビタミンC誘導体に並ぶ美白効果が認められています。
紫外線から肌を守る効果を備えている為に、肌荒れや乾燥しにくい肌質に変えることが出来るのです。

カンゾウフラボノイドとビタミンC誘導体がダブルで作用すれば、肌の保湿対策は万全です。

最強保湿が出来るセラミドの力

セラミドは人間が本来持っている成分なのですが、加齢と共に失われていきます。肌細胞で潤いや油分を閉じ込める力があるので、乾燥対策にセラミドは欠かせません。

内側からうるうるの肌を作り出し、水分と油分のバランスを保つことが出来るセラミドは、外部からの刺激からも肌を守り抜きます。

セラミドは種類によって見極める

よく化粧品の表記を見て気付いておられる方もいるでしょうが、セラミドには種類があります。
タイプ別の違いや保湿力の高いセラミド、成分表示ではどう記載されているのか疑問に思う方も多いと思います。

主なセラミドの種類

  • セラミド1
  • 水分保持力とバリア機能で、外的刺激から肌をガードする

  • セラミド2
  • 高い保湿力を持ち、肌に最も多く存在する

  • セラミド3
  • うるおいを閉じ込めることでシワを防ぎ、薄くしていく

  • セラミド4,5
  • 肌表面にある角質層でバリア層を構成し、維持する

  • セラミド6
  • 水分を保持しながら、ターンオーバーを正常に機能させる

  • セラミド7
  • 細胞の増殖と肌に存在する菌のバランスをコントロールする

何から作られたセラミドなのかを意識するのが大切。
化粧品で使われているセラミドは、作っている原料を3タイプに分けることができます。

その1つに、セラミドに似た分子構造なだけで、まったくの別物を、「セラミド」と明記している化粧品もありますので、表示内容は確認しましょう。

乾燥対策にはスクワラン

スクワランは、サメ類の体内にある成分ですが、潤いをキープ出来る成分として有名です。スクワランは肌への浸透率が高い為に、高い保湿効果が期待されています。

人間の体内にあるスクワランは加齢と共に減るので、シズカゲルのスクワランから肌をしっとりと保ちましょう。

フラバンジェノールで保湿力アップ

フラバンジェノールはビタミンCの約600倍もの美容パワーがあります。
水分を蓄積する力に優れているので、乾燥に負けないみずみずしい肌を作り出すことが出来るのです。

肌の水分保持で、内側から水分に満ち溢れた肌を作りましょう。

7つの無添加で肌にも優しい!

シズカゲルは、界面活性剤、シリコーン、鉱物油、合成着色料、合成香料、アルコール、パラベンの7つがフリーです。

アレルギーテストも実施済みで、肌に不要な成分は一切含まれていません。安心して使うことが出来ながら、肌の乾燥や、肌荒れを防ぐことが出来ます。

大手メーカーでも難しい界面活性剤フリーも含め、全てが肌に優しい成分です。

まとめ:オールインワン化粧品も保湿は最低限必要

お肌の乾燥は、長く続けば乾燥肌をもたらし、バリア機能やターンオーバーに影響を与え、悪循環をもたらすエイジングケアの大敵です。

また、乾燥肌が、ほとんどのお肌の悩みやトラブルに悪影響を与えていることも理解しておく必要があります。

エイジングケアの第一歩のためには、乾燥肌の原因をしっかり理解して、そうならないための日常生活をおくることやスキンケアで適切な保湿を行うことが大切です。

また、乾燥肌の原因やバリア機能が低下するメカニズムを正しく知っていれば、効果的なスキンケアを行うことができます。

内部的な問題、外部的な問題、両方を意識して健やかで美しいお肌を目指していただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

抗シワ認証のオールインワンゲル

唯一の抗シワ認証のオールインワン「シズカゲル」は何が凄い!?

シズカゲルのヨクバリ美白の秘密を暴露

【満足度100%】シズカゲルのヨクバリ美白の秘密を実体験で徹底検証!

フラバンジェノールはこんなに凄い成分だ!

シズカゲルの抗酸化力の源「フラバンジェノール」を実体験で徹底調査!

毛穴ケアできるシズカゲル

毛穴ケアもオールインワンで実現「シズカゲル」が話題沸騰しまくり!